Home » Hitodama no hitotsu no baai by Torahiko Terada
Hitodama no hitotsu no baai Torahiko Terada

Hitodama no hitotsu no baai

Torahiko Terada

Published
ISBN :
Kindle Edition
5 pages
Enter the sum

 About the Book 

明治から昭和初期にかけて活躍した物理学者、随筆家、俳人である寺田寅彦の随筆作品。初出は「帝国大学新聞」[1933(昭和8)年]。「寺田寅彦随筆集第四巻」[小宮豊隆編、岩波書店、1948(昭和23)年]に収録。信州のある温泉宿の離れに泊まっていたある夜、二人の青年が見た人魂。二人の証言の矛盾から考えた「錯覚であるか否か」について綴ったもの。伊豆地震のときに起きた「地震の光」も例に挙げている。More明治から昭和初期にかけて活躍した物理学者、随筆家、俳人である寺田寅彦の随筆作品。初出は「帝国大学新聞」[1933(昭和8)年]。「寺田寅彦随筆集 第四巻」[小宮豊隆編、岩波書店、1948(昭和23)年]に収録。信州のある温泉宿の離れに泊まっていたある夜、二人の青年が見た人魂。二人の証言の矛盾から考えた「錯覚であるか否か」について綴ったもの。伊豆地震のときに起きた「地震の光」も例に挙げている。